FASHION MAFIA

元アパレル店長の戯言

【元アパレル店長がぶっちゃけ】お客さん、カンチガイしないでね。オレたち仕事だから。

f:id:ogup:20170507121959p:plain

 

元アパレル店長のちゃかです。
今日は、たまにいるカンチガイなお客さんに真実を分からせるためにぶっちゃけようと思います。
何度も来てくれるお客さんで仲良くなったり、親密になったりするといろいろとね。。

 

これは僕がアパレル店長時代の実体験を元に話すね。
お客さんはみんなカンチガイしないでね、オレたち販売員だよ?

 

「店長さんと気が合うし話して楽しいから、休みの日に遊びに行きませんか?」

 

いや、すごく迷惑です。
気が合う?
もちろん、お客さんに合わせてるからです。


話してて楽しいのは、お客さんに楽しく洋服を買ってもらうために頭フル回転で話してます。
仕事じゃなかったらニコニコ楽しい話しません。

 

「休憩時間お茶しませんか?」

 

嘘でしょ?w
これ「休憩時間も仕事してくれませんか?」って言ってるのと同じだからね。
ただでさえ異常なくらい人前に立ってるんだから、休憩時間くらいゆっくり1人にさせてください。

 

「連絡先交換してください」

 

地味に一番嫌。
分かっていない人が多いんだけど、これありえないことだよ?
よく考えて、

ナンパと一緒だからね。
僕は絶対嫌だったから、どんなに仲良いお客さんでも、お店の電話番号入りの名刺を渡してた。
これで十分だよね。

 

連絡先交換したらさ、LINEもSNSも繋がってしまう。
これもしもお客さんがさ、洋服を買う目的じゃなくてあなたと話すのが目的だったらお店に来なくなるよね。
そして、LINEはバレるわSNSでプライベートな部分が見られるわで最悪。

 

元販売員として言わせて欲しい

 

販売員はプロだからさ、話して楽しいだろうし、たくさん褒めてくれるから幸せな気持ちになるよね。
だからお店の外で会ったり、連絡先を交換してもっと仲良くなりたい気持ち分からなくもないけど、


あれは素じゃないからね。


素の性格じゃないし、完全に仕事用に作られた性格。
だから、カンチガイしないように。
めんどくさいし迷惑でしかないから、プライベートエリアにまで踏み込まないでね。


オレたち仕事でやってんだよ。

ダサい販売員はどんなに良いこと言ってもお客さんの心に響かない。っていうか販売員辞めろ。

f:id:ogup:20170507120154p:plain

 

元アパレル店長のちゃかです。
世の中にはクソみたいな販売員が多いんで今日も書こうと思います。


ショッピングモールに行くとさ、ダサい販売員が結構な割合でいるけど、あの人たちはなぜ販売員になったかね。
買う気も失せるし、調子こいて接客してこようものなら尚更ヤバイよね。w
あなたみたいなダサい販売員に何言われても買わないよ?

 

ダサい以前の人


・ヨレヨレのTシャツ
・シワのよった服
・すり減った靴
たまに見かけるけど
こんな販売員に洋服売って欲しくないよね。
ダサい以前の問題。


僕は高い服を着てキラキラしろって言ってるんやないよ。


洋服にアイロンをかける、靴を磨く、服が伸びたら着ない。
これ最低限のことだし、アパレル販売員をやる以前の常識の問題だよね。

でも、できてない人が多いんだなこれが。

 

ダサい人は完全に勉強不足


現役でアパレル販売員やってる人は、毎月ファッション雑誌読んでますか?
もしくはSNSでオシャレな人のコーデをチェックしていますでしょうか?


まぁその他にも勉強しなきゃいけんことたくさんあるんやけど、ダサい人はこの2つやってない人多いよね。
ファッション雑誌読んでオシャレな人のコーデ見てたら、自然とどんなコーデすればオシャレか分かるもんね。

 

ダサい人はつまりファッションに興味がないんだよ。
ファッション好きだったらダサいわけがない。


ダサい人で仕事としてアパレル販売員を選んでいる人はマジでナメてんのかな?
ファッションに興味がない人はアパレル販売員に向いてないし迷惑だし、お店にいて洋服買う気失せるから辞めて欲しいよね。
ダサいやつは販売員すんなよ。

下手くそな販売員がやってる、購入率を下げる接客

f:id:ogup:20170503201508p:plain

 

元アパレル店長のちゃかです。

今日は下手くそな販売員がやりがちな、お客さんの購入率を下げる接客例を伝えるね。
これを辞めたら購入率が上がると思うからやってみて。

 

商品を一つしかオススメしない

 

これは販売員にとって致命的だよね。
男の人を接客するならまだしも女の人を接客するならこれをやったら絶対ダメだね。

 

例えばトップスで悩んでたら、似たトップスをオススメするのはもちろん、それに合うボトムスを持っていく。
更に、アウターやアクセなどを持っていく。
さりげなくね。
お客さんが買った後のイメージができるから。

 

全部接客の流れでさりげなくオススメするのがポイント。
もちろん、全部買わせる気なんてさらさらない、お客様がイメージしやすいように持ってきました感を必ず出すこと。

 

一つの商品で悩んでいるとお客さんの選択肢は、
「買おうかな」
「辞めようかな」
の2択しかなくなるよね。
これだと購入率も普通下がるよね。

 

これが複数の商品を見せることによって、
「どれにしようかな」
って選択肢が自然と増えるんだ。

 

楽しいがカギ

 

女の人はいろんな選択肢から選ぶのが楽しいんだよね。
買い物で一つの商品を買おうか買うまいか悩むより、似た商品があったり違う商品があってどれにしようか悩んだ方が絶対楽しいよね。


この楽しいってのがカギで自然とお客さんの購買意欲も上がっていくと思うんだ。

 

あとは、複数の商品を見せたことによって、セットで買ってもらえる確率も高くなっていくよね。


・トップスで悩んでたけど、それに合うボトムスを見てたらボトムスも欲しくなった。
・トップスは今から何枚あってもいいから両方買おう。


こんなこと日常茶飯事だから。

 

このように、たくさんの商品を見せた方が購入率は上がるし、セット率も上がるし(販売員ならセット率は分かるよね?)良いこと尽くし。
ファッション販売』ではね、1人のお客様に最低5品オススメしましょうって書いてた。
それを目安にしてもいいかもね。

 

間違っても、一つの商品をゴリ押ししてるような下手くそな販売員にならないようにね。w

マジで止めて欲しい販売員のウザい言動

f:id:ogup:20170426164417j:plain

 

アパレル店長やってました、ちゃかです。

販売員やってたからか、洋服屋さんに行くと販売員の言動が普通の人より目に付きます。

なので、こいつウザいなーと思う販売員の言動をまとめてみました。
販売員の方はこれを見てもしやってたら超ウザいから絶対止めてね。


無駄な声出し


お客さん自分一人しかいないのに、


「いらっしゃいませぇ〜どうぞごらんくださいませぇ〜」

 

って延々と大声で言ってる販売員。
うるさいだけでゆっくり買い物できないよね。
これは販売員の自己満やし、声出して仕事してる感じになってるけど迷惑なだけやから。
たまにスピーカーみたいな大きな声の人いるよね。w
ウザい。

 

いきなり馴れ馴れしい


たまにこんな勘違い野郎いるんだよね。
いきなり、タメ語で話しかけてくる販売員。

 

えっ?友達ですか??

 

ってビックリするよね。
せっかく買い物来てるのにこういうやついたらマジでイラッとするから消えて欲しいよね。

ましてや、初対面の人に敬語を使えないやつは人間としてもおかしいと思う。
ロクな販売員じゃないからシカトが一番。
それかこのお店は二度と来ないか。

 

こうやってダメな販売員を置いているお店はどんどんお客さんが消えていくんだよね。


商品を手に取る度にいちいち商品説明する


個人的に一番ウザい販売員は、商品を触る度に逐一商品説明する販売員。
もうね、ウザい通り越してツッコミ所満載なんだ。w


「この商品は○○でこんな素材使ってて〜」
なんでよく知らないあなたに偉そうに説明されないといけないの?
あなたの商品知識自慢を聞くほどお客さんは暇じゃないんだよ。
商品説明を必要としていないお客さんたくさんいるから。
まだ買おうか考えてない段階で商品見る度にベラベラ商品説明されたらもう逃げたくなっちゃうよね。
そもそも、あなたの話なんて聞きたくないから。w

 

こんな感じでだいたいウザがられます。
じゃあ商品説明はいつすればいいか教えてあげようか?
それは、買おうか買うまいか悩んでいる最後の決め手に欠けてるときに伝えるんだ。
それまではお客さんの話を聞き出したり世間話したりして信頼関係を築く。
信頼関係を築いてからじゃないと商品説明なんて頭に入ってこないから。

 

考えてみたら当たり前だよね。
面識もない知らない人にいきなり商品説明ずっとされたら「あっ、この人売りに来た」って思って話なんて聞かないよね。
信頼関係を築いてから商品説明を伝えると、お客さんもちゃんと話聞いてくれるし購買意欲もかなり増すから。

 

ホント、ウザい販売員は全員ペッパーくんに変わって欲しいよね。

服が売れないのをお客さんのせいにする販売員は本日付けで退職した方がいい

f:id:ogup:20170425082026j:image

 

昔アパレル店長やってたちゃかです。

よくある売れない販売員の言い訳として、
「さっきのお客さん買わないお客さんでしたー。」
っていっちゃう子いるんだよね。


いや、それを言っちゃった時点でもうあなたの販売員としての成長はないよ。
販売員としてそれ以上伸びないから早く辞めた方がいい。
向いてないから転職をオススメします。

 

全て原因は自分にある

買わなかったのは「お客さんのせい」じゃなくて全部「自分のせい」なんだよね。
全部、自分に原因があると考える。
自分を責めろって言ってるんじゃないよ。
原因をよく考えて対策を練るんだ。

 

例えば、接客してて買わずに帰ったお客さんがいたら、その場ですぐ原因を考える。

「言い回しが悪かった?」
「話かけるタイミングが悪かった?」
「会話を引き出せなかった?」
「コーディネートがお客様のイメージと違った?」

自分の中で原因を考えて次の接客はこうしようと対策を練る。
こうやって、どんどん考えて行動するスタッフは絶対接客上手くなるよ。

 

そりゃあね、お客さんのせいにしたら楽だよ。
努力しなくていいんだもん。
もちろん、どんなに頑張っても買わないお客さんもいる。
でもだからといってお客さんのせいにしてたらダメ。
それ以上販売員としての成長はないからね。

 

勘違い販売員にだけはなるな

よくいるのが、たくさん買う人にたまたま当たって「自分は売れる」「接客上手い」と勘違いして、

売れない日は「今日は買うお客さんがいなかったからついてないなー」って一喜一憂するスタッフ。


バカじゃないの?


こんな販売員のいるお店は潰れるよね。
お客さん頼りでお店が成り立つほどアパレルは甘くないから。
お客さん主導じゃなくて自分たち主導で売上作っていけないと厳しいよね。

だからこそ、売れない原因をお客さんじゃなくて自分に向けることが大切。

 

「今日のお客さんかわないなー」なんて思ってるスタッフは「どうすれば購入に繋がるだろう」って思考に変えるだけで全然売上変わるからやってみて。

販売もっと楽しくなるから。

お客様は神様...なんて販売員が死んでも口にするな

f:id:ogup:20170424163132j:plain

ちゃかです。

 

お客様は神様。
お客様がお洋服を買ってくれてお店にお金を払ってくれているから、私たちは生活していけてるのです。
だからお客様は神様。
お客様目線に立ってしっかりお客様のご要望に答えましょう。

 

・・・。
一見正しそうに見えてこんな考えはクソです。
偽善もいいところ。
こんなこと言ってる店はロクな店じゃない。


お客様は神様なんて言ってる店は自分たちのサービスに自信がないんやろうか。
販売員としてのプライドはないのか?

 

お客さんは神様じゃない。

僕はハッキリ言える。
お客様は神様なんかじゃない。

 

販売員はしっかりとしたサービスをお客さんにやって、その対価で洋服を買ってもらってるんだ。
じゃないと販売員なんている意味ないでしょ。
愛想の悪い販売員なんていらないし不快。
ペッパーくんの方が優秀だからマジ変わって欲しいと常々思う。w

 

僕がアパレル販売員やってた時は自分の接客に誇りを持ってたよ。
だから、その対価として洋服を買ってお金をもらって当然だと思ってたし、お客さんが神様なんて当然思ってなく、お客さんは対等な関係だと思ってた。
もちろん、敬語使うし言葉遣いには気をつけていたよ。

 

お客さんは対等な関係が一番

お客様は対等な関係。
神様なんかじゃない。
逆に自分がちょっと上くらいでもいい。w

 

この考えじゃないと、お客さんは来なくなると思う。
なぜかというと、販売員はお客さんにとって憧れじゃないといけないんだ。


あの店員さんみたいになりたい!
だからお店に通う、みたいな。
それを下に下に出て、お客様は神様って、お客さんの言うことばかり聞いてる販売員はつまらないし憧れないし楽しくない。
販売員としてのプライドを持って、見た目はもちろん内面もカッコよくして、対等な関係でお客さんと接することが良い関係を築くのに大切だと思う。

【初心者販売員が意識するたった一つのこと】売らない販売員はカラーコーンと一緒やで

f:id:ogup:20170423155001p:plain

 元アパレル店長のちゃかです。

 

売らない販売員がカラーコーンってどういう意味か分かる?

つまりね、邪魔なだけ。
立ってるだけ、売れない販売員は道に置いてる邪魔なカラーコーンと同じだよ。
しかも売れない販売員がいるだけでお店の空気が悪くなるんだから。
カラーコーンより邪魔かもしれん。w


学生のお気楽バイトなら全然いいんだけど、今から販売員として頑張っていこうって人は絶対売れないとダメ。
カラーコーンみたいな販売員にならないように意識しなきゃいけないことを教えるね。

 

自分のお店で一番売る

結論を言うと「この店で一番売る」
これだけ意識してたら最初は大丈夫。
てか、これだけできたら必ず一目置かれるし多少他の業務ができなくても大丈夫。
現に僕は半年で店長になったけどこれ以外やらなかったからね。
販売以外の業務なんてテキトーにやってた。w

 

なんで大事か教えてあげようか?
会社の人、特に本社や上司たまにしか会わない違う店舗の販売員とかいるよね?
この人たちがあなたの評価をするんだ。
この人たちはあなたが「売れる人」か「売れない人」かで判断する。
販売員なんだから仕方ないよね。

そしてね、

「売れる販売員」→「良い販売員」

「売れない販売員」→「ダメな販売員」

って思われるんだ。

 

「売れる子」「売れない子」
このみきわめは最初の方、まだ入りたてのときにされて、その後もそのイメージが付いてくるから。(当然、後から売れるようになったら違うけど)
どんだけ他の業務ができても結局売れないとダメな販売員って思われる。
だから最初は業務を覚えるよりも「この店で一番売る」ことだけ考えたらいい。


業務は覚えたら誰でもできること。
でも接客は人に教えてもらってもなかなかできるものじゃない。
自分のスタイルや間、トーク、コーデ力。
それをいち早く身につけることが絶対に大事やね。

 

一番売ることができない?

お店で一番売るなんてできないって?

じゃあ販売員なんて辞めたら?w

僕はね、レディースのブランドで一番売ってたんだよ。

女の子の中に男1人。

しかも、お客さんは全員女性。

その中でも一番売ることができるんだ。

人一倍努力してちゃんと考えて接客すればね。

まぁ、接客のコツやどんなことやってたかまた書くから、接客が苦手な人はちょいちょい見てよ。