FASHION MAFIA

元アパレル店長の戯言

アパレル販売員ってどんな仕事してんの?元店長が裏側まで完全公開

 f:id:ogup:20170518171317j:image

 

元アパレル店長のちゃかです。
今日はアパレル販売員が普段どんな仕事をしているのか書いていこうと思います。
得意な裏ネタも交えながら早速いくよー!

 

接客


アパレル販売員の主な仕事は接客。
接客して洋服ガンガン売らないとお店が成り立たないからね。


でも、ただ売るだけじゃ売上は安定しない。
定期的に来てもらう顧客を増やさないといけないんだ。


だから販売員は洋服を売るだけじゃなく、お客様と仲良くなったり信頼関係を築いて顧客になってもらう努力をしているよ。


一生懸命会話を盛り上げてる販売員はこんな意図があってやってるんだ。

 

レジ打ち


まぁレジ打ちは当たり前のことだね。


裏ネタがあるんだけど、お店によってはレジに


「性別と年齢」


を押すボタンがあるんだ。


例えば、「10代女性」・「30代男性」みたいな感じで。


だから、下手な販売員はレジの最後の方で顔をチラッと見てボタンを押すから。
これやられたんだーって思って間違いないよ。w

 

売り場・マネキン変更


商品の売れ筋やお客様の動向などを分析して1日に数回売り場を変えるよ。


あと、お昼と夕方で客層が変わるのでそれに合わせてマネキンも着せ替えるよ。


これ「感覚」や「センス」でやっちゃう人が多いんだけど、
販売員によってはヘンテコリンなお店になっちゃうからあんまり良くないよね。


「商品の売上ランニング」
「前年度のアイテム売上ランニング」


など数字付きのデータを元にやれば、

誰がやってもいい感じの売り場作り・マネキンができるようになるからしっかりデータ見て分析した方がいいよね。


ちなみに、売れているお店は必ずやっているよ。

 

入荷した商品の検品・ストック整理


商品が入荷したら、納品書と実際の商品の数がちゃんと合っているか確認をするよ。
それが終わったら店内に出す商品は出して残りはストックルームに整理。


お店にダンボールが置いてて販売員がなんかガチャガチャ忙しく動いてたら、この仕事をやってると思うよ。

 

連絡したり、ハガキ書いたり


購入してくれたお客様に感謝の気持ちを込めてお礼の連絡をするよ。
連絡先を教えてくれた方や仲良くなった人には、「今日はご来店ありがとうございました」って感じで電話やメールで連絡する。


あと、セールなどのイベント情報はハガキに書いて送る。
ハガキは全部印刷だったり手書きだったりお店によるね。


僕がいたお店は手書きだったからセールの度にハガキ書きすぎて、1日中手が震えてたな。w

 

アパレル販売員の仕事


アパレル販売員はこんな感じのことをやっています。
ザックリ言うと、ずーっとお客さんと喋って、空いた時間にお客さんを迎え入れる準備をする感じ?
これがアパレル販売員の仕事です。