読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FASHION MAFIA

元アパレル店長の戯言

売れない販売員に残された選択肢は2つ

f:id:ogup:20170514161044j:plain

 

元アパレル店長のちゃかです。
今日は『売れない販売員に残された選択肢』について書いていきます。
あなたが売れない販売員なら残された選択肢は2つ。

 

辞めるか。


売れるようになるか。

 

もう辞めるよって人は、この先の記事を見ても時間の無駄なので読まないでください。
売れるようになりたい人は是非最後まで読んでください。
絶対に今より売れるようになります。

 

なぜ辞めないといけないの?


なんで売れないからって辞めないといけないの?って思った方。
いや、お店にとって迷惑なんです。

 

売れない販売員がいるお店はどんどん売上が悪くなる。
売れる人が接客にいけば売れたかもしれないのに、売れないあなたが接客に行くことで売上に繋がらない。

 

これ重大責任ですからね?


自分がお店を経営する立場に立ったらわかりますよね?
継続して売上がないとお店って潰れますから。

 

お店のことでしょ?自分には関係ない。
って無責任に思ってる方。

 

関係大ありだから。


これは僕の実体験を話します。

僕には同じ時期に販売員として入社した同期がいました。
しかし、それぞれの境遇は全然違いました。

 

同期の子→新卒で正社員。研修期間を経て入社。女性。

 

中途採用アルバイト入社。研修なし。男性。

 

お店はヤングミセス、レディースの洋服屋さん。
ちなみに、僕と同期は会社の中で一番売上の高いお店に配属されました。

半年後この2人はどうなったと思いますか?

 

 

同期の子→そのまま(普通のスタッフ)


→正社員。店長。

 

同期はすごく真面目で仕事もちゃんとやる子です。

仕事はぶっちゃけ同期の子の方ができました。
では、なぜ半年でこんなに差ができたのか?

 

同期と僕との差を分けたのは一つ。

 


売れる販売員だったか、売れない販売員だったか。

 

 

同期だった子は今も普通のスタッフをしています。
入社して4年、出世なし。


これでも売れないままでいますか?
周りや後輩がどんどん出世していくのにこのままでいいの?
このままなら辞めた方が賢明ではないでしょうか?

 

売れる販売員になる方法は簡単


選択肢のもう一つ、「売れるようになる」を選択された方は前置きが長くなり申し訳ありません。
今から伝える1つのことを実行すればあなたは必ず今より売れる販売員になるでしょう。


僕がアルバイトから半年で店長になったのも、レディースアパレルのお店で男性販売員が売れるようになったのも、この1つを意識しただけです。

続きは明日。。